鈴縫工業株式会社

高次団粒SF緑化システム

自然の表土を再生する独自の技術

(高次団粒構造概念図)
SF緑化システムはまず、単なる戻し土ではなく、自然本来の表土を再生します。 独自の「高次団粒吹付技術」に基づき、自然の表土と同じ高次団粒構造の基盤を 瞬時に形成し、植物の生育に欠かせない適度な通水性・通気性・保水力、斜面や風雨に耐える 結合力を実現します。急斜面でも安全な吹付け工が可能であり、その優位性が注目され、 多様な樹種の採用や植栽併用工の他、エロージョン(風雨による土壌浸食)防止工にも応用されています。 このSF緑化システム独自の技術は、国土交通大臣認定による建設技術評価など、公的にも高い評価を得ています。

各種工法の概要

■SF緑化工法 [Soil Flock:高次団粒工]


(SF工法表土模式図)
裸地斜面に自然と同じ団粒構造の表土を再生し、植物を種子から導入する緑化工法。 「SF緑化システム」の基本となる工法です。

■強く厚い成育基盤を形成。
■急斜面やダム灌水面でも、安全な吹付け工が可能。
■植物の生育に適した自然表土と同構造の生育基盤。

■TG緑化工法 [Textile Soil:接着繊維工]


(TG工法表土模式図)
SF工法をベースに、粘着性の植物繊維を基材に混入することで基盤を補強。崩れやすい急斜面にも対応します。

■接着性繊維を基材に混入し、より強力に基盤を補強。
■単なる生分解繊維ではなく、露出部も適切なタイミングで分解。

■ER緑化工法 [Ecology Recovery:表土培養工]


現地表土を培養
現地表土を培養し、より活性を高めたものを基材に混入。基盤の高度活性化により生態系を早期に回復します。

■現地の表土を培養し混入、基盤活性を高めます。
■現地の土壌生態系を崩さず、スムーズに周辺と融合。

■MF緑化工法 [Mulching Flock:吹付敷藁工]


通芽を防げない保水敷わらで、植生困難地域・時期に対応します。

■急斜面でも安全な吹付工法で、敷わら養生を実現。
■立体構造のわらマルチで、敷わら特有のムレや通芽障害を防止。
■乾燥、強風地や厳寒、酷暑期。発芽困難種子にも対応します。

■セダム緑化工法


従来の植生困難地に短期間で緑化できます。

■屋外緑化。岩盤の法面緑化。
■強酸性、強アルカリ性土壌への緑化。
■モルタル吹付面での復旧緑化。
■コンクリート擁壁面の緑化。
■中央分離帯、道路肩、法尻での管理費コスト低減。
鈴縫工業株式会社 〒317-0077 茨城県日立市城南町1-11-31 Tel:0294-22-5311 Fax:0294-21-6318 E-mail:info@suzunui.co.jp
Copyright(c) 2006 Suzunui Construction Co., Ltd. All Rights Reserved.
鈴縫工業株式会社 HOME 会社案内 事業案内 IR情報 採用情報 サイトご利用にあたって サイトマップ お問合せ